化学·プラスチック

2012年9月26日

WHOは、ディーゼル排ガスは肺がんを引き起こす可能性が確認された

報告Filed under: 化学プラスチック研究 -タグ: 、 -管理者@午前9時08分午前



ブリーフ:BBCは世界保健機関のために働く専門家のパネルは、ディーゼルエンジンからの排気ガスは、実際にがんを引き起こすことができるということが最近報告された。 これは、排気は間違いなく肺がんの原因であると結論付け、また、膀胱の腫瘍が発生することがあります。

世界保健機関のために働いて専門家パネルは、ディーゼルエンジンからの排気ガスは、実際にがんを引き起こすことができると言い、BBCは報じた。 これは、排気は間違いなく肺がんの原因であると結論付け、また、膀胱の腫瘍が発生することがあります。

研究では、そのような鉱山労働者、鉄道労働者やトラック運転手などのリスクの高い労働者の間で研究の調査結果をもとに。 ただし、パネルは、誰もがディーゼル煙への露出を制限しようとするべきだと述べた。

国際がん研究機関は現在、がんの明確な原因として、排気管のラベルが付いています。

木材屑からプルトニウムに、日光からアルコールまで発がん物質として、ディーゼルの排気ガスは、同じグループに入りました。

これは、リスクの高い産業で働いている人が肺癌を発症するリスクが40パーセント増加について持っていると考えられている。

*もともと投稿: ディーゼル排ガスは肺がんを引き起こす可能性が確認され、WHO

コメントはありません»

まだコメントがありません。

このコメント欄のRSSフィード トラックバックURL

コメントを残す

アトスのWordPress